お客様本位の業務運営に係る方針
お客様本位の
業務運営に係る方針
Policy

お客さま本位の業務運営に係る方針

方針1.お客さま本位の業務運営に関する方針の策定・公表等
株式会社パブレ(以下「当社」といいます。)は、お客さまの声に耳を傾け、お客さまの利益を優先し、お客さまとの間で長期にわたる信頼関係を構築するために、「お客さま本位の業務運営に係る方針」を定め、本方針のもとで業務運営を行うとともに、本方針に基づく取り組み状況を定期的に確認・公表し、お客さま本位の業務運営を実現するために、定期的に本方針の見直しを行います。
当社は、お客さま本位を基本理念とし、お客さまひとりひとりに最良のサービスを提供できるよう、あらゆる業務運営においてお客さま本位で行動するように努めます。
方針2.お客さまの最善の利益の追求
当社は、お客さまのご意向とお客さまの状況等を踏まえて、適切な保険商品がご提案できるよう、誠実・公正に業務を行います。また、定期的な研修等を通じて、高度の専門性と職業倫理を保持するよう努めます。
(具体的な取り組み)
  • 保険商品やコンプライアンス等に関する各種の研修を定期的に実施します。
  • お客さまの声を真摯に受け止め、全社で共有することで、業務の質を向上させます。
方針3.利益相反の適切な管理
当社は、お客さまの不利益となるような募集が行われることがないよう、保険会社から支払われる手数料の多寡等にかかわらず、お客さまのご意向やお客さまのライフプランに基づいた募集を行う体制を整備します。
(具体的な取り組み)
  • 手数料の多寡とは無関係に推奨商品を選定する推奨販売ルールを定めて遵守します。
  • 保険募集のプロセス等を記録した意向把握情報を募集担当部門以外の部門において検証を行う体制を整備します。
方針4.手数料等の明確化
当社は、お客さまに対して市場リスクを有する保険商品(特定保険商品といいます)をご案内するに際しては、お客さまが負担する費用(保険契約関係費等)について契約締結前交付書面や注意喚起情報を用いて契約前に丁寧かつ明確に説明を行い、お客さまの十分なご理解が得られるように努めます。
(具体的な取り組み)
  • 特定保険商品に関する研修等を定期的に実施します。
  • 保険会社作成の書面に加えて、当社独自に作成した帳票を用いて手数料等に関する理解をいただけたかどうかの確認を実施することで、ご理解を得られないままご契約をされることを防止します。
方針5.重要な情報の分かりやすい提供
当社は、保険商品の募集にあたっては、重要な情報を漏れなく、かつ、分かりやすくお伝えします。そのために、以下の取り組みを行います。
  • 当社は、お客さまにとって分かりやすく、かつ、利便性が高まるよう、あらかじめお客さまに推奨する商品を定め、その推奨する理由を明示します。さらにこの推奨商品を基本としつつ、お客さまのご希望によっては、推奨商品となっていない商品についても、お客さまのご意向に沿って商品の内容や特性等を分かりやすく説明します。
  • 複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売・推奨することは行いません。
  • 当社では、お客さまの取引経験や金融知識を考慮のうえ、可能な限り明確かつ平易に説明し、適切な情報提供を行います。
  • ご案内する保険商品の性質や特性、複雑さに見合った適切な説明を行います。特に、特定保険契約をはじめとする複雑でリスクを伴う保険商品の募集に際しては、保険会社が作成したパンフレットや各種資料等を使用して、より丁寧で慎重な説明を行います。
  • 保険商品の募集に際しては、情報を重要性に応じて区別し、より重要な情報については、十分な理解をいただくことができるよう、保険会社が作成する契約概要、注意喚起情報等を用いてより丁寧な説明を行うことでお客さまに注意を促します。
方針6.お客さまにふさわしいサービスの提供
当社は、保険の募集にあたっては、まずお客さまのお話を十分にお伺いし、お客さまのご希望やご要望をはじめ、資産状況、取引経験、金融商品に関する知識等について十分に理解したうえで、適合性の原則に基づきお客さまにふさわしい商品をご提供します。そのために、以下の取り組みを行います。
  • お客さまのライフプランやライフステージについて十分な情報収集と分析を行ったうえで、それらに沿った適切な保険商品の提案を行うとともに、その後のお客さまのライフステージの変化等に応じて適切な対応を行うことができるようフォローアップを行うように努めます。
  • 複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売・推奨することは行いません。
  • 当社は金融商品の組成は行いません。
  • 保険商品の募集に際しては、お客さまの資産状況、取引経験、金融商品に関する知識等の状況に応じて、十分なご理解が得られるよう、各種資料等を用いて丁寧な説明を徹底します。特に高齢のお客さま等の金融取引被害を受けやすい属性のお客さまについては、ご家族や関係者さまに同席をいただいたうえでご説明を行うなどの対応をとります。なお、複雑な保険商品やリスクが高い保険商品に関しては、お客さまにご提案することが適切かどうかについて十分に検討し、場合によっては当社からのご提案を控えさせていただく場合もあります。
  • 当社では、保険商品に関する十分な理解が得られるよう研修等を行うとともに、保険商品の知識にとどまらず、その前提となる各種制度等についても幅広く身に付け、お客さまへのご案内に活かすよう努めます。
方針7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等
当社では、お客さま本位の業務運営を行うため、本方針が従業員に浸透するよう取り組むとともに、各種法令や保険会社の定める規定、当社が定める規定・ガイドライン等を遵守することが正しく評価される体制を構築することで、利益相反等の不適切な募集行為を行わず、お客さま本位の募集行為を実践する動機付けを行います。
2019年7月17日制定
2022年3月 7日改定
株式会社 パブレ
金融庁が定める「顧客本位の業務運営に関する原則」の原則2から原則7(これらに付される(注)を含みます)に示されている内容と、当社の「お客さま本位の業務運営に係る方針」との対応関係は次の通りです。
※横にスクロールできます。
顧客本位の業務運営に関する原則 実施・不実施 当社の「お客さま本位の業務運営に係る方針」における該当箇所
顧客の最善の利益の追求 原則2 実施 方針1・方針2・方針7
(注) 実施 方針1・方針2・方針7
利益相反の適切な管理 原則3 実施 方針3・方針7
(注) 実施 方針3
手数料の明確化 原則4 実施 方針4
重要な情報の分かりやすい提供 原則5 実施 方針5
(注1) 実施 方針3・方針5①
(注2) 実施 方針5②
(注3) 実施 方針5③
(注4) 実施 方針5④・方針6③
(注5) 実施 方針5⑤
顧客にふさわしいサービスの提供 原則6 実施 方針6
(注1) 実施 方針2・方針6①
(注2) 実施 方針6②
(注3) 実施 方針6③
(注4) 実施 方針5④・方針6④
(注5) 実施 方針6⑤
従業員に対する適切な動機付けの枠組み 原則7 実施 方針7
(注) 実施 方針7




KPI(主要業績評価指標)の設定および取り組み状況の開示について

上記の各方針および取り組みの定着を図る指標として、次の通りKPI(主要業績評価指標)を設定します。


  • ・契約のペーパーレス率(生命保険部門)
  • ・早期更改率および継続率(損害保険部門)
  • ・契約継続率(生命保険部門)
  • ・お客さまの声の受付件数

KPIについては、各項目の取り組み状況とともに定期的に開示します。

なお、KPIについては定期的に、見直し・変更を行ってまいります。

2020年度「お客さま本位の業務運営に係る方針」の取り組み結果について 2019年度「お客さま本位の業務運営に係る方針」の取り組み結果について 2018年度「お客さま本位の業務運営に係る方針」の取り組み結果について

PAGE TOP

Copyright © PABURE Co. Ltd. All rights reserved.